検索
Close this search box.

半構造化データと非構造化データをプロアクティブに管理すると、様々なポジティブな効果を得られます。 優先度の高いユースケースから、他の領域まで多岐にわたり効果が得られます。

例えば以下のようなポイントで様々な効果が得られます:

情報セキュリティの改善

  • データ漏洩のリスクの低減。 サイバーレジリエンス…
  • インシデント対応強化
法令遵守の改善

  • 一般的に適用される規制(GDPR、NIS…)および業界特有の規制の両方における規制の遵守
  • 特定のカテゴリーの記録の保存期間などに関する社内ポリシーの遵守

データプライバシーとデジタルトラスト

  • 個人情報保護に関する法規制の遵守
  • 情報の取り扱いについて、お客様や従業員の期待に応えること
サスティナビリティとCSR

  • ITのグリーントランスフォーメーション
  • 新しいCSR報告基準への対応
投資とコスト予算削減

  • インフラ投資・保守
  • クラウドサービス費用
  • オンプレミスからオンプレミス、クラウドへの移行に関わるコスト
  • ファイルサービス業務、GRCワークフローなどの効率化
投資とコスト予算削減

  •  インフラストラクチャ
  • クラウドサービス費用
  • サーバー統合、ミグレーション
変化するビジネスニーズへの対応力

  •  ニーズに合ったファイルサービスの提供
エンドユーザーエクスペリエンスの向上

  • データに対する実用的なインサイトをセルフサービスで提供

資産管理と同様にデータの管理も必要です!

上部へスクロール