検索
Close this search box.

Portal_BestPractises

Northernのユーザーデータマネジメントのソフトウェアソリューションは、さまざまな目標を達成するために利用できます。

このページでは、Northernのお客様が達成したうちのワーキングプラクティスから、いくつかの代表的なプラクティス例の概要を説明します。

Northernのお客様は、ワークフロープロセスの不備、例えば、データ処理法が間違っている、大きく非効率的になっている部分を見つけて修正することができます。

例:
北米のラージアカウントである金融機関では、ユーザが参照したり、編集するためにレコード管理システムからファイルを取りだしていることが確認されました。 しかしこの作業が完了しても、作業中のドラフトと参照コピーはその後削除されていませんでした。 そして機密データは、セキュリティで保護されていない場所で破棄されていました。

Northernは、フォーカスして取り組むためには一度に4〜5つの特定のプロセスのみを改善の対象とすることを推奨しています。 これらの欠陥が改善されると、お客様は次に優先順位の高いプロセスの対処に移ります。

例:
日本の大手自動車メーカーでは、データの増加をコントロールすることが最初の重点分野でした。 ITサービスグループは、クォータポリシーの導入に成功した後、現在のデータフットプリントの性質を理解することにし、スキャンとレビューのプロセスが設定されました。 これに続いて、お客様はレビュープロセスにデータ所有者を関与させるようになりました。 各ビジネスユニット内の「共有所有者」が使用できるNorthernのセルフサービスインターフェイスを構成します。

ベスト・プラクティス
このセクションでは、Northernのお客様がよく実装している一般的なプロセスの例をご紹介します。 これは完全なリストではなく、特定の動作に取り組むためにどのような指導やポリシーが必要かを理解するための実装リストの例です。

危険な作業方法の特定と改善
例えばPII / PCI、パスワードおよびその他の機密情報を含むデータの処理を改善します。
ファイルサービスの利用効率の向上
クリーンアップイベントの情報を提供したり、従業員が退職したときに正しいデータだけが保持されることを確認することは、効率改善としての一例です。
特定の監査要件を満たす
法律や規制の遵守を改善するために、再テストやワークフローを設定します。
他のシステムへのファイルサービスデータの統合
例えばセキュリティシステムなどにPII / PCIのようなファイルデータを含めます。

GETTING STARTED
ユーザデータマネージメントをより効率的に導入するために、Northernは2つの並行したワークストリームのアプローチを作成しました。
スタートガイドをダウンロードする(メールで送信)

 

上部へスクロール