ROTで隠れてしまった価値あるデータ?

icon_CDO

組織内に存在する情報が潜在的にどのような価値を持っているのか、そしてそれをふんだんに活用するためには、蓄積されている情報の種類を深く理解することが必要です。DXへの流れで、最近「チーフデータオフィサー」として「最高データ責任者」を設置する組織が目立ってきています。

確実にデータを理解するためには、データ処理、データ分析、データマイニングなどの技術が必要です。言い換えると、その組織が自分の非構造化データフットプリントを照会する能力があるかどうかにかかっています。

ファイルサービスが非効率的に使用されている状態、例えば、余分で古くなったデータ(ROT)が蓄積すると、不要なデータの不要な処理に余分な労力がかかり、結果、組織データの処理、分析、マイニングの能力が大幅に低下します。

Northern’s Solution

Northernは、ROTの識別と軽減に役立つさまざまなオプションをご用意しています。また、効果的に組織文化を適応させ、これ以上のROT蓄積を防止するプロアクティブなワークフローの可能性を提供します。

Northernでは、データが蓄積するスピードを緩和しなければならない課題に対して、一元的ファイルサービス・マネジメント(Centralized File Service Management)セルフサービス・データ・マネジメント(Serlf-Service Data Management)のソリューション・エリアを推奨しています。

Benefits

大量のROTデータの識別とそれを削除するかどうかを判断することは、非構造化データフットプリントのスキャンと分析を含んだすべてのプロセスで、メリットがあります。具体的には、以下のポイントがあげられます:

大量のファイルを低レベルで分析すると、時間が非常にかかってしまうことがあります。データフットプリントの純粋なメタデータベースレビューを実行し、このレビューによって、より小さなデータフットプリントで詳細な分析にフォーカスすれば、組織は短い時間で情報の価値を判断することができるようになります。
一般的がソフトウェアおよびサービスを利用して非構造化ファイルを分析する場合、すべてをスキャンすることに重きを置いていることが多いです。最初にデータフットプリントを削減することで、即大きな効果を得ることができます。
ファイルシステムが明確で、容易なナビゲートがあり、古くて無関係なファイルが整理され、かつ適切に維持されていれば、とてもシンプルにデータの価値を理解することができます。これにより、チームと組織の敏捷性が向上し、労力の重複が軽減されます。

参考・類似記事)

非効率的なファイルサービスの使用を抑制する
ライフサイクルを通してデータを管理する

デジタル4S

上部へスクロール