検索
Close this search box.

BusNeeds_DistCost

ファイルストレージの使用に基づいた、信頼性が高く、かつ統合された請求システムは、サービス指向のITインフラストラクチャを採用している組織においては、不可欠であると言えます。
またサービスプロバイダにとっては、そのビジネスモデル上、エンドユーザが請求される根拠、またはファイルサービスの使用の計算方法が正確で、かつ分かりやすい、透明化されている能力を持つことは基本的要件となると言えます。

 

自動化され統合された方法で、グループ、部署または顧客によるファイルサービスの使用レベルを計算する機能は、請求システムの基盤となります。コストの原因を説明した、非効率的な使用領域をハイライトした情報に、セルフサービスで各自がアクセスできれば、プロバイダと顧客との間で透明性をもたらします。これらの2つの機能を組み合わせることで、組織は、サービス提供に対して効果的に請求し、サービスユーザとオープンで協力的な関係を維持することができます。

Northernのソフトウェアソリューションである ファイルサービスのコスト配分(File Service Cost Distribution) のソリューション・エリアで、ファイルサービスの使用にかかるコストをどのように配分できるかが確認できます。

ファイナンス部門: ファイルサービスを使用するための内部課金は、そのサービスをより効率的に使用するための強力な動機付けとなります。 より厳密に管理されたデータフットプリントがあれば、財務の甚大な被害リスクを軽減します。 Read More
IT 管理部門: 実際には課金を行わずに、本来のサービス利用コストを公開すると、多大な投資をして変更を管理せずに、効率的なファイルサービスの使用を促進する有益なインセンティブが得られます。
ストレージ管理部門: ファイルサービスの使用を自動的に統合して計算することで、公平で透明性が高く、費用対効果の高い方法で料金を請求することができます。
ビジネスユーザ: 請求書と併せてファイルサービス使用状況に関する情報へのアクセスを提供し、アクションを促進させることで、コラボレーション関係の基盤を作成します。 Read More
上部へスクロール