検索
Close this search box.

ファイルサービス使用を理解し、コスト削減をご希望ですか?

icon_user

ファイルサービスの使用のために内部課金を使用する組織、または部門が公共またはプライベートクラウドサービスに加入している状況では、請求書とサービス利用のインサイトを照合できることは、オンデマンドサービスを理解し、 現状のコストをコントロールするため強力な意味を持ちます。

ますます多くの組織が、課金された内部サービスとしてデータストレージを再配置しています。 これにより、ビジネスユーザは、チーム、部署、ビジネスユニットがファイルを作成して保持することについて可視化を得る必要があります。

Northern’s Solution

Northernのセルフサービス・データ・マネジメント(Self-Service Data Management)ソリューション・エリアでは、ビジネスユーザは、グループ、部門またはビジネスユニットが、ファイルサービスをどのように利用しているかを正確に確認することができます。ユーザは、セルフサービスポータルを通じて、関連する履歴情報、使用状況サマリー、トレンド、およびフィルタリングされたファイルリストにアクセスできます。 また、統合されたワークフローで、アクションを実行したり、アクションをキューイングするなどして承認することもできます。

Benefits

提供されたインサイトにより、ビジネスユーザは請求書に対する根拠を得ることができます。 また、非効率な領域を特定して行動を起こす機会を提供します。

チームメンバーがデータ量を管理し、将来の請求書を削減し、代かわりの投資予算を解放するよう奨励し、権限を与えます。
部門のニーズを満たすために必要なサービスレベルを確認します。 安価なサービスレベルに移行可能なデータまたはユースケースを特定します。
内部課金システムが、ファイルサービスを使用するための部門コストを正確かつ公平に計算していることを確認します。
上部へスクロール