検索
Close this search box.

コンプライアンスを継続的に推進するワークフローをお探しですか?

Icon_Compliance

データコンプライアンスは、各組織の標準的な業務慣行の有機的要素でなければなりません。書面によるガイドラインと定期的な監査では十分とはいえません。

重要なリスクインジケータ(ファイルサービスに格納されている機密データまたは制限付きデータを特定)を監視し、関係するステークホルダーにこのデータの存在を報告し、行動をガイドすることによって、組織は、非構造化フットプリントをデータコンプライアンスの要件に見合うよう継続的に維持することができます。

Northern’s Solution

Northernのソフトウェアソリューションによって、組織がファイルサービスの使用方法を理解し、ステークホルダーが特定の使用パターンを確立し、さらに維持できるようになります。

継続的に使用パターンを合わせるために、Northernは、情報ガバナンスとコンプライアンス(Information Governance and Compliance)のソリューション・エリアの使用を推奨しています。 これにより、コンテンツ分析機能に必要に応じてアクセスし、関連ステークホルダーにセルフサービスポータルで必要な情報を渡すことができます。

Benefits

関連するステークホルダーに情報を提供し、関与させるワークフローによってサポートできるデータコンプライアンスを継続的に評価することにより、データコンプライアンスの文化が確立されます。 組織にとってはリスクを回避するメリットがあります。

非構造化データは、組織にとって、大きな一つのコンプライアンスリスクとなります。 組織は法令遵守の文化を確立し、ビジネスユーザにファイルサービスの使用を継続的にサポートすることにより、大きな法的罰金、金銭の没収、また重大な損失の潜在的な可能性から身を守ることができます。
コンプライアンスのレベルの定期的な分析は重要ですが、それだけでは受け身的な戦略であり、組織内の業務慣行を調整するための根本的な必要性には取り組んでるとは言えません。 継続的に関連するステークホルダーを関与させ、それらを意思決定プロセスでサポートすることで、データコンプライアンスに対してプロアクティブで協力的なアプローチが確立されます。
上部へスクロール