検索
Close this search box.

セルフサービスのファイルサービスをお探しですか?

icon_ITmgmt

サービスデリバリモデルを採用することで、データ管理に関して、ITと組織内の関係が変わります。 プロバイダとして、ITはサービス自体のメンテナンスと継続的な改善に責任を負います。 そのサービスを適切に使用する責任は、そのサービスを使用する個々のビジネスユニットの手にしっかり任されます。

サービスユーザが、ファイルサービスを使用する方法を理解して管理する能力は、考慮すべき重要なポイントです。 ビジネスユニット、データスチュワード、および個々のユーザは、IT部門の介入がなくてもファイルサービスの適切な使用を保証するため、必要な情報とツールにアクセスする必要があります。

Northern’s Solution

Northernは、組織がITSMソリューションとの統合、サービス使用の請求、割り当ておよびセルフサービスのデータ管理など、ファイルストレージをサービスとして提供できるようにするさまざまな機能を提供します。

セルフサービスのデータ管理に焦点を当て, Northernの セルフサービス・データ・マネジメント(Self-Service Data Management)のソリューション・エリアでは、個々のユーザまたはグループに、そのチーム、または組織ユニットがファイルサービスを使用している方法に関する情報にアクセスできるようになります。 これらの分析は、概要からファイルレベルまで、データ管理責任の効率的な達成を可能にします。

Benefits

ビジネスユーザが、ファイルサービスの使用を積極的に管理できるようにすることで、そのサービスが効率的にコンプライアンスに沿った使用になるよう保証するための責任が再度強化されます。また、この非常に重要な作業を、それを実行するのに最適な人の手に委ねます。

サービス志向のITインフラストラクチャのコンテキスト内で、セルフサービスのデータ管理機能を提供することで、データの成長の制御、データのバリューの実現の改善、リスクの緩和など、データフットプリントをプロアクティブに管理する意欲が高まります。
ITリソースへのセルフサービスアクセスを提供することで、サービスデリバリモデルへの移行が強化され、複雑な変更管理プロセスの成果を上げることができます。
ファイルストレージのために異なるサービスレベルに加入している(そしておそらくその費用を支払っている)プロジェクトチーム、部門、組織ユニットには、これらのサービスの使用を管理する能力が必要です。 IT部門の直接のサポートなしにそうすることができれば、ユーザエクスペリエンスが向上し、IT運用コストが削減されます。
上部へスクロール