検索
Close this search box.

Northernは、業種関わらず世界中のお客様のユーザデータの管理をお手伝いしています。 一般的に業種やお客様の規模などによってニーズもゴールも変わります。でもユーザが作成するデータについての課題は共通しています。

このページでは世界中のお客様の課題解決事例をご紹介しています。

                  

 

業種別には:製造業・金融・小売業・文教・公共・病院などなど、業種に関わらずご利用頂いています。こちらに記載していないお客様も数々ございます。業種別で事例の紹介をご希望の場合、是非一度お気軽にご連絡ください。

 

国立大学法人東海国立大学機構 岐阜大学 様(日本)

“コロナ禍におけるデータ量急増にも柔軟に対応”

コロナ禍における自宅学習により、学生のメールによる課題提出が増加し、それに伴い学生領域と教員領域の容量が枯渇してきた岐阜大学様。大容量ファイルの名前と保存されているフォルダパスまでリスト化し、該当部門に対して資料を提示し警告しユーザー間でストレージ資源が有限であるという認識が浸透してきました。

岐阜大学様が閾値の設定で容量制限などを使うことにより、データクリーンアップの実現方法を以下のリンクで詳しく説明します。

続きを読む

株式会社ルネサンス 様(日本)

“リスクを軽減するためにデータを管理”

この日本のフィットネスクラブチェーンでは、各支店が独自のデータを管理します。適切なツールがなかったため、データと共にリスクが蓄積されていました。

ルネサンス様が、会員・支払い情報を含むファイルの発見や、容量制限などを使うことにより、データクリーンアップの実現方法を以下のリンクで詳しく説明します。

続きを読む

シダックス株式会社 様(日本)

“使用していないファイルや、急激にデータ量が増大したファイルなど様々な観点からの見える化を具体的に”

シダックス様が、複雑なファイルシステム上、データの増加を防ぐため、NSSを使用して簡単に各階層に容量制限を実施できたことについて以下のリンクで詳しく説明します。

続きを読む

株式会社リコー 様(日本)

“フォルダ階層を問わないストレージ管理が、データ運用の最適化を推進。”

リコー様が、ファイルサーバを集約した際に、容量の上限設定が行えるクォータ機能でデータ容量の増加を管理・抑制。また、階層を気にせずフォルダ単位で使用状況を確認できる可視化で、適正なストレージ管理が可能となった状況を、以下のリンクで詳しく説明します。

続きを読む

ファストファッションで世界をリードするアパレル会社(スウェーデン)

“共同ファイルシステムにおける重大なセキュリティの弱点を洗い出し、改善できた”

グローバルに事業を展開するアパレル会社が、社内ポリシーに違反する多数のフォルダへのアクセス許可について、どように昇格された権限を見つけて修正したかについて説明します。

続きを読む

金融サービス会社 様(米国)

“クラウドサービスに移行する前に、古いメールアーカイブを発見して削除”

Microsoft 365に移行する前に、そのメールアーカイブの大部分を迅速かつ簡単にクリーンアップするために、Northernのソリューションをどのように使用したかについて説明します。

続きを読む

銀行の投資管理支社 様(英国)

“データの分類と隔離による規制遵守の向上”

このケーススタディでは、Northernのソフトウェアを使用し、大手銀行の一部門である投資管理会社が大幅にリスクを減らすことができた方法を概要レベルで説明します。

ファイルデータのフットプリントによって分類し、コンプライアンスリスクを劇的に軽減することができました。 まず最初の段階で大量のデータが隔離され、ロックダウンされました。アクセス可能ではあるもののコントロールされ、次の段階で最終的に削除されました。

続きを読む

カナダトップ銀行の一つの銀行 様(カナダ)

“クラウドベースのストレージソリューションに移行するという銀行の計画に基づいて動く”

カナダ最大の銀行の1つであるC銀行は、未来に向けた革新とビジネスの簡素化を含む、顧客重視の戦略にフォーカスしています。 しかしながら、銀行のデータストレージ管理プロセスでは、これらの観点が抜けていました。 非常に細かく戦術的なレベルで構成されたコントロールシステムによって、逆に管理が複雑さを増し、ユーザーの効率を低下させていました。

Northernとの提携により、同銀行はユーザーデータ管理を通し、目に見えるほどの改善を実現しました。

ケーススタディをメールで受け取る

タレス・アレーニア・スペース(Thales Alenia Space)様(仏)

“ユーザ生成データの成長を少しだけ遅らせることができれば、長い目で見て大幅な節約ができます”

Thales Alenia Spaceにとっての最大の課題は、データを長期間保存する必要があることです。時には数十年もの間、データの平均成長率が前年比35%であるという事実もあります。 従ってデータの増加管理が重要になる状況ということでした。

Northernと一緒に、タレス社がどのように成長率をわずか10%にまで下げたのかについての詳細をお読みください。

ケーススタディをメールで受け取る

イェーブレ市(The Municipality of Gävle) 様 (スウェーデン)

“主な目的は、お客様、つまり市の職員に対し、保存するデータの量、コストに関する認識を高めることです”

The municipality of Gävle には従業員がさまざまな職務や地理的場所に分散しているという課題があります。 さらに、自治体のデータの増加は大きく、IT部門と他の自治体の部門の両方は、実際にどんなデータが保管されているのかについてあまり把握していませんでした。

イェーブレ市が各部門にツールを提供し、データを独自に管理する責任をどのように与えているかをお読みください。

ケーススタディをメールで受け取る

クリシャンスタード市(The Municipality of Kristianstad) 様 (スウェーデン)

“NSSでユーザが生成したデータをコントロールできるようになり、安全な運用と持続可能な開発の両方が確保できるようにました”

The Municipality of Kristianstadは、データの増加が年に50%以上の成長率で、市の職員であるユーザが生成したデータをクリーンアップし、職員の行動を変える必要がありました。特に、データ移行の際に、不必要なデータを新しいプラットフォームに移行してしまうことを避けることが出来ました。

Northernがどのようにクリシャンスタード市が必要なデータの見える化とコントロールを得られるようお手伝いをしたか、特にエンドユーザ、つまり市職員に提供した自分のデータをクリーンアップするための必要な情報が得られるNorthernのツールについて是非お読みください。

ケーススタディをメールで受け取る

上部へスクロール